はるけんの投資日記

はるけんの投資日記

はるけんの米国インデックス投資ブログです。投資に関する情報発信、運用実績を公開します。

今後の投資計画まとめておきます【2021年5月】

f:id:haruken_finance:20210501193956j:plain

こんにちは、はるけんです。

主につみたてNISAを活用して、投資信託に投資しています。

投資歴半年の初心者です。

現在は、私のつみたてNISA+少額の特定口座での投資となっているのですが、今後投資額を拡大予定です。

今回は、今年の投資計画を紹介しようと思います。

現在のポートフォリオは?

今後の計画の前に、まずは現在のポートフォリオを紹介しますね。

現在は、楽天証券のつみたてNISA×1と特定口座×1に"eMAXIS Slim米国株式(S&P500)"を積み立てています。

積み立て額は、

 つみたてNISA:33,333円

 特定口座:楽天ポイントの余り

です。

5月の資産額は、過去記事に記載ありますので、こちらも合わせてご覧ください。

haruken-finance.hatenablog.com

haruken-finance.hatenablog.com

今後の計画

我が家には、楽天証券SBI証券合わせてつみたてNISA×2、ジュニアNISA×2、特定口座×2あります。

楽天証券SBI証券の使い分けは、

 楽天証券:つみたてNISA、ジュニアNISA、特定口座(楽天カード積立上限まで)

 SBI証券:米国ETF

としています。

haruken-finance.hatenablog.com

口座1:つみたてNISA@楽天証券

つみたてNISAでは、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)とeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を積み立てる予定です。

毎月の積立額は、

 eMAXIS Slim米国株式(S&P500):33,333円

 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー):33,333円

です。

もちろん、つみたてNISA限度額まで積み立てます。

www.rakuten-sec.co.jp

www.rakuten-sec.co.jp

 

口座2:ジュニアNISA@楽天証券

ジュニアNISA 2口座でもつみたてNISAと同様にeMAXIS Slim米国株式(S&P500)とeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を積み立てる予定です。

積立総額は、

 eMAXIS Slim米国株式(S&P500):800,000円

 eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー):800,000円

です。

ドルコスト平均法でリスク分散して積み立てするため、3~4回に分けて積み立てしていく予定です。

ジュニアNISAでは米国ETFに投資することできるのですが、投資信託を選択することにしました。

理由は、投資効率です。

米国ETFなどでは、毎年分配金が出てしまい、非課税枠が余っていないと、その枠で再投資できなくなってしまうため、効率が悪いです。

また、非課税で投資可能な期間が終わった後に分配金が出ても課税枠での投資になってしまいます。

一方、投資信託であれば、分配金がなくファンド内で自動的に再投資されるため、基準価格の上昇につながり、効率が良くなります。

口座3:特定口座①@楽天証券

こちらは、楽天カードの積み立て上限額の使い切りと楽天ポイントのあまりを投資に回すために使用しています。

積立額は、

 eMAXIS Slim米国株式(S&P500):16,667円+ポイントあまり分

です。

楽天カードの積み立て上限額は、つみたてNISAと会わせて50,000円のため、特定口座には16,667円の積み立てを行っています。

ポイントのあまりでの投資については、ポイント獲得数に依存します。

毎月あまった分を淡々と積み上げていきます。

楽天カードの積み立てで500ポイント付くのと、固定費の支払いは基本楽天カードでの支払いとしているので、少なくともその分のポイントは毎月獲得できます。

口座4:特定口座②@SBI証券

SBI証券の特定口座では、米国ETFの購入をする計画です。

今年の投資額は、

 VUG(バンガード・米国グロースETF):150,000円

 VYM(米国高配当株式ETF):150,000円

とする計画です。

SBI証券を選んだ理由としては、米国ETFをドルで購入するときの円→ドルへの変換手数料を抑えることができるためです。

投資額は、私の毎月のお小遣いを貯金していた額です。。。

どうせ使わないお金なので、投資に回してお金を増やしたいなと考えています。

投資信託は、つみたてNISAやジュニアNISAなどでチャレンジしたので、今後は米国ETFにもチャレンジしてみます。

 

上記2銘柄を選んだのは、以下理由です。

VUG(バンガード・米国グロースETF):

今、成長中の大企業に投資ができるというところに魅力を感じたからです。このETFは利益と売上が短期と長期で成長している大企業に厳選されています。直近1年の利回りはS&P500以上となっています。ハイテク株の比率が高くなっています。

f:id:haruken_finance:20210507233234j:plain

Yahoo Financeより

VYM(米国高配当株式ETF):

配当金を受け取る体験をしてみたく、購入しようと考えています。

VYM以外にもSPYDやHDVのような有名な高配当株ETFもありますが、最も歴史が深く安定感のあるVYMを選択するのが無難かと考え、選択しました。

 

以上、投資初心者はるけん一家の今後の投資計画をまとめました。

予定変更はあるかもしれませんが、上記で積み立てていこうと考えています。

 

↓投資の勉強におすすめ。